下取りよりも買取が高い?お得に売れる査定の方法
2017.03.09

白のセダン車を売る査定の方法には、「下取り」と「買取」の2種類があることをご存知でしょうか?みなさんの中には、「車を手放そうと思っているんだけど、下取りと買取の違いが分からない…」、「結局、どっちがお得なの?」なんて疑問を抱いている方もいらっしゃるかと思います。今回は、そんな方に向けてお得に売れる査定の方法をお話ししたいと思います。

それでは、早速お話ししていきたいと思います。お得に売れる査定の方法は、ズバリ!買取です。一般的に、下取りよりも買取の方がお得に売れます。理由は、それぞれの意味、メリット・デメリットにあります。下記より詳しくお話ししていきます。

まず、下取りとは、買い替えをするときに利用する査定方法です。新しい車を購入するお店に今乗っている車を売り、そのお金を新しい車の購入資金にあてることができます。

メリットは、同じお店で車の売買ができるため労力と時間が掛からないことと、値引きできない分を下取り額に補填してくれるケースがあることです。デメリットは、査定額が買取に比べて高くつきにくいことと、人気車種や装備であったとしても考慮してくれないケースが多いことです。

次に、買取とは、買取業者に車を売るときに利用する査定方法です。メリットは、下取りよりも査定額が高くつきやすいことと、人気車種や装備が査定額に反映されることと。デメリットは、売買を別々のお店で行なわなければいけないため、労力と時間が掛かることと、中古車市場の相場をもとに査定を行なうため査定額が変動しやすいことです。

下取りは、買い替えの手間が省けますが、査定額が低くつく傾向だというところがネックな方法といえます。一方、買取は買い替えの手間がかかりますが、査定額が高くつく傾向だというところがよいですよね。以上のことから、下取りよりも買取の方がお得に売れます。

また、買取が下取りよりも査定額が高くつきやすい要因が1つあります。それは、買取の査定額が買取業者によって大きく変わることです。

買取業者によって在庫や得意な車種が異なります。ですから、いまあなたが売ろうとしている車が業者によってほしい・ほしくないが異なります。ほしい業者は高い査定額を、ほしくない業者は低い査定額を提示します。

上記をまとめると、お得に売れる査定の方法は、買取です。さらにいうと、複数の買取業者に見積もりを依頼して、一番高い査定額を提示した業者に売ることがもっともお得な査定方法です。いま乗っている車を高く売りたいとお考えの方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

▲ ページトップへ